« ほおずきの花とわき芽の話 | トップページ | カントリー木工で机を作る »

2006/07/07

カントリーな机をさらに考える

カントリーな机を作ろうと材料はおおよそ買い込みました。

天板は450x900x20のパイン集成材。 

「もう少し小さめがいいんだけど・・・」  

少しカットして800mm巾にしようと思います。
15mm厚ではコースレッドのかかり代が足りないので20mm厚。
足は45x45のSPF角材。 コストと木工作業のし易さ、丈夫さで決定。
これが一番悩みました。
丸棒やら、化粧加工済みの丸棒やらさんざん悩んだ末の結論です。
天板の下には四方に100mm程度の化粧板。 
ダボを彫るか、コースレッドで留めるか悩むところ。 

「引き出しは幅広がいいわぁ」

 ということで引き出しは幅広に。 
カントリーな既製品は小さめの引き出しなんだけどなぁ。

今回は引き出しようにレール金具(398円)を用意。

天然木カントリーデスク[送料無料]
イメージは昔の小学校の机を一回り大きくしたような感じ?
でもキャラメル色じゃなくナチュラルワトコオイルで仕上げようと思います。

アイロンは既存のアイロン台の足の部分を外して机の上で使うそうです。
ひとまず材料が揃ったので製作に取り掛かれそうです。
カントリーなデスクになるといいなぁ♪

あっ!引き出しの材料を買い忘れてる

・・・端材でつくれるかな? ・・・次回へ続く

« ほおずきの花とわき芽の話 | トップページ | カントリー木工で机を作る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5840/40691808

この記事へのトラックバック一覧です: カントリーな机をさらに考える:

« ほおずきの花とわき芽の話 | トップページ | カントリー木工で机を作る »

無料ブログはココログ