« アサガオがやっと咲きました | トップページ | 玄関のアプローチの排水性を考える »

2006/08/24

おやぢの自由研究の中間報告

おやぢの自由研究の中間報告です。
以前始めているのが
 1.ひまわり編
 2.水挿し編
ヒマワリは
1咲き終わったヒマワリを残すと種に栄養が偏り新しい花が小さくなるのでは?
咲き終わったヒマワリを切っても新しい花は小さいままでした。残念

2咲き終わったヒマワリの花はあとは種を育てるだけ。ならば水差しで種が育たないか?
これは継続中です。

3咲いたばかりのヒマワリの花。すぐに切花にして水差しで長持ちしないか?
少しは持ちましたが頭でっかちなので水挿しに向きません。

へぇーと思ったのは水挿しで減る水の量です。
他の花より圧倒的に減るようです。花が大きいからなのかな?

他の水挿しは
 ブライダルベール・・・発根し、もうすぐハンギングに植える予定
 トレニア・・・発根し、小さなプランターに植えました(^^)
 ペチュニア・・・まだ発根しません。
 マリーゴールド・・・発根し、花壇に地植えしました。

さらに実験を追加しました。
親ツルを摘心するのにカットしたカボチャとキュウリのツル。
捨てるのももったいないので水に挿してみています。

カボチャとキュウリ0824
もう何日か経ちますがツボミの花が咲いたりしています。
これも発根するのかな?

いまのウッドデッキにはこんな水挿しがたくさんあるんですよ(^^;


 

« アサガオがやっと咲きました | トップページ | 玄関のアプローチの排水性を考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アサガオがやっと咲きました | トップページ | 玄関のアプローチの排水性を考える »

無料ブログはココログ