« 水準器の限界を検証 | トップページ | ガーデニングでの基礎施工の話1 »

2006/10/15

庭の土と種蒔き専用の土では栄養が違う

昨日パンジー&ビオラのポット上げをしていてひとつ気がつきました。
二つの鉢で苗の成長が全然違うんです。
下の写真は同時期に間引いた苗を育てたものです。

土の差
左が庭の黒土主体。右が種蒔き用の土で卵パックのトレイ育ち。
左の鉢の苗は葉っぱも小さくて弱々しい(^^;

庭の土と種蒔き専用の土では栄養が違うのだと思います。
種蒔き用の土は腐葉土が混じって土というようり「おが屑」みたいでした。
柔らかくって栄養たっぷり、種蒔きには良いのがわかります。
こりゃ黒土も液肥で栄養を補給してやらねば!

・・・ということで、さっそく買ってきました。ハイポネックス
買ったのは450ml品。ハイポネックス NEWレイシオ 原液 800mlハイポネックス NEWレイシオ 原液 800ml
容器の説明を見ると500倍に薄めるようです。
キャップ半分の原液を5リットルの水で・・・そんな量の容器は・・・

hyponex
ありました!出先でバイクを洗おうと買った噴霧器(^^;
本来は害虫駆除の薬剤散布とかに使うやつです。業界初Wピストン方式で、従来より速さ2倍!! 切り替えると軽さが1/2!!【ガーデニング 薬剤...
今度買う時には絶対電池式の噴霧器にしようと思います。
蓄圧である程度連続噴霧は出来るけど手動はめんどくさい。

ビオラ1015
ただいまの苗の状況はこんな感じです。

« 水準器の限界を検証 | トップページ | ガーデニングでの基礎施工の話1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水準器の限界を検証 | トップページ | ガーデニングでの基礎施工の話1 »

無料ブログはココログ