« ガーデニングでの基礎施工の話2 | トップページ | アサガオと種 »

2006/10/18

工事用一輪車(手押し車、猫車)の話

工事用一輪車(手押し車、猫車)の話。

まぁDIYネタということでヾ(^^;あくまでも素人のおっさんの意見です。

ホームセンターで一輪車(手押し車、猫車)というと
 ・間口が広くて底が浅いタイプ
 ・間口が狭くて底が深いタイプ
を見かけます。通称ネコ車っていうやつです。

私は両方を使ったことがあります。
底が浅いもの 二才浅型一輪車
こちらの方が一般的に良く見かけます。
土砂の運搬向き。
間口が広いので脇からスコップで土砂を放り込み易い。
ちょっと傾ければ中身が出るので土砂を捨て易い。
ただハンドルを持ち上げると姿勢が変わり中身がこぼれがち。
水やモルタルを入れるのには向きません。

底が深いもの 一輪車 3才紺 深型 WB3502
モルタルやコンクリートをこねたり運んだり出来ます。
園芸用の土を混ぜるのにも良いかもしれません。
置いていてもハンドルを持ち上げてもあまり姿勢が変わらず中身がこぼれません。
土砂の運搬には不向き。底の浅いタイプの逆なんです。

どちらかひとつと言われれば、私は底が深いものを選びます。
底が浅いタイプは重心が高くて押す時にフラフラするんです。
腕力の弱い人には厳しいかもしれません。
その点底の深いタイプはどっかり安定しています。
幅が狭くて嵩張らないし、使わない時はなにか入れて置いてりゃいい。
白やクリーム色で塗ったりするとお洒落かもしれません。

 

« ガーデニングでの基礎施工の話2 | トップページ | アサガオと種 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガーデニングでの基礎施工の話2 | トップページ | アサガオと種 »

無料ブログはココログ