« パンジー&ビオラにツボミ | トップページ | ユリに種が出来ていました »

2006/11/22

柱と柱の接合

柱と柱を接合するには・・・
子供の頃、大工さんの作業を見ていた記憶では「ほぞ」でした。
当時ドリルとノミで器用にほぞ穴を掘っていたのを見た記憶があります。
今では穴を掘る専用の機械があるそうです。

ほぞ
ほぞ加工による柱のはめあい

ただこの作業、素人には難しい(^^;
加工精度が悪いとグラグラしてしまい隙間も開いて見た目も悪くなるんです。

なので私は必要に応じて2x4材の2枚合わせを利用しています。
お友達のブログでも同じ方法を拝見し、やっぱこれが良い!って思いました。

2x4接合
2x4材2枚合わせによる柱の接合

大きな荷重(上から下へ)は短い方の2x4材が受け持ちます。
荷重は木材同士が受けるのでコーススレッドには負担がかかりません。
特殊なほぞ加工が不要なので作業が簡素化し怪我防止にもなります。
コーススレッドと木の繊維の向きを考えても都合が良いんです。

見た目が目立つ部分やかなりの強度を要するところは4x4材が良さそう。
でも4x4材は割高だし、人の体重を支える程度ならこれで十分♪

私はウッドデッキの床下などでよく使う方法です。


 

« パンジー&ビオラにツボミ | トップページ | ユリに種が出来ていました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンジー&ビオラにツボミ | トップページ | ユリに種が出来ていました »

無料ブログはココログ