« とうとう我が家もコタツ登場 | トップページ | 自作ガレージ取材でママも協力 »

2006/11/19

自作ガレージの取材を逆取材

実は半月前ほどから自作ガレージの取材依頼がありました。
そんなことは初めてなのでホントなのかも半信半疑。
今日11時からライターの方が訪問。本当に取材が始まりました。
依頼元はムックハウス。ホームページはこちら⇒ ムックハウス

Syuzai1
いよいよ取材が始まりました。まずはガレージ全景から
「カメラマンと取材両方するんですね。」
「僕は本来ライターなのですが、今の時代は両方やらないと。。。」

ファインダーに入ってしまうけど邪魔なものはお片づけ。
Syuzai2

「ガレージと家を一緒に写しますねー。」
いはやはすごいところから写すもんだ。
プロのカメラマンはさすが違いますねー。
Syuzai3

「扉の開き具合、この辺で固定したいんですよ。」
なんと扉の開き具合も撮影には重要なようです。
バイクが収納してある風景・・・のようです。
Syuzai4

「こういう工具掛けって憧れたりしますよねー。
工具とかこだわられたりするんですか?」

SIGNETって工具が好きなのだけどなかなか買えないんです。」

Syuzai5

「をっ?窓も開くのですね。じゃこれも一枚。」
「どうぞ、どうぞ。」

「このガレージはキットではないんですか?」
「材木を買ってきて作りました。キットは割高なので。」

「ガレージを作られたきっかけって何ですか?」
「バイクが増えて女房の『小屋でも作れば』の一言がきっかけです。」

「一番難しかったのはなんでしたか?」
「うーん、ドアかな?薄く丈夫に作りたかったので接合部に細工をしたんですよ」

・・・
てな感じで取材が進みました。
1月には学研から出版されるそうです。私と娘らまで写ってしまいました。
楽天でムックハウスで検索すると・・・
出版されたらまた報告しますねー(^^)

« とうとう我が家もコタツ登場 | トップページ | 自作ガレージ取材でママも協力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とうとう我が家もコタツ登場 | トップページ | 自作ガレージ取材でママも協力 »

無料ブログはココログ