« 家庭菜園で初めてジャガイモ | トップページ | マクロ撮影時の虫眼鏡効果 »

2007/06/01

頭のうちどころが悪かった熊の話

頭のうちどころが悪かった熊の話 という本が届きました。
TVで小泉今日子さんが書評を書かれていると話題になって売れているそうです。
頭のうちどころが悪かった熊の話 

うちの下の娘はクマちゃん大好き娘。

なんか面白そうだね、買ってみようよ。
大人気で品切れだって。取り寄せは受け付けてるから注文しとくね。

・・・ということで無事届きました。

早速、娘らの枕元で読んでみました。

・・・うーん、ちょっと小学生には難しいかなぁ(^^;
亀の反応を理解するのは子供には難解そう。
読んでいるうちに話の先が予想できる童話よりは難しいかも。。。

まぁ他にも何話か入っているので読んでみようと思います。

この本、寓話(ぐうわ)っていうんですね。
調べてみました。
寓話とは・・・道徳的な教訓を伝えるための短い物語。
動物などを登場人物とし、不可解で神秘的な印象を与えることも多いのだそうです。
私が中学の頃、夢中で読んだ星新一さんの作品は寓話なのだそうです。

頭のうちどころが悪かった熊の話 著者は安東みきえさん。
色々入賞なさっておられます。

« 家庭菜園で初めてジャガイモ | トップページ | マクロ撮影時の虫眼鏡効果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家庭菜園で初めてジャガイモ | トップページ | マクロ撮影時の虫眼鏡効果 »

無料ブログはココログ