« 青空にウメモドキ | トップページ | 娘が作ったおにぎり »

2007/09/21

憧れのXR250

最近うかれているバイク。
なぜ私がこんなにうかれているか?ちょっと語ります。

話は1980年台にさかのぼります。
当時オフロードのエンデューロレースにのめりこんでいました。 
埼玉に住んでいたのでもっぱらコースは桶川のセーフティーパーク埼玉。
全日本選手権が行われるほどの本格オフロードコース。

友達や先輩とチームを組んで草レースを楽しんでいました。
毎月開催されるマイウェイ、他にもいろいろ。。。

そんな中発売された新型車がXR250R(型式ME06) 

XR250R(ME06)

当時これをもっているのはよほどの好き者か、お金持ち。
日本ではレーサーですが海外から逆輸入するとナンバー付きに出来ました。
欲しかった・・・けど当時高くて買えなかった。。。

そんな時、ある新型バイク発売が雑誌に載りました。1986年

憧れのXRにソックリのR250R
XLR250R(MD20)
バックミラーや灯火類付き。鉄製タンク。
アスファルト向きのイボの少ないタイヤ。

この記事の切抜きを壁に貼って眺め、ママに猛烈アピール!
樹木 希林がジュリーの写真を壁に貼ったようなもんです。ふるっ
そんなに欲しいなら買えばぁ。
いいの?
うっしっし
それから約20年、R250R一筋。つい最近まで。

そして最近、
ひょんなことから本物のXR250Rを手に入れることが出来たんです。
友達と交換。なのでタダ♪
腐っても鯛です。
やっぱソックリさんよりも本物がいい!たとえ錆びてても。
またがる度に顔がゆるみます。足とどかねーけど。(シート高925mm)

« 青空にウメモドキ | トップページ | 娘が作ったおにぎり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青空にウメモドキ | トップページ | 娘が作ったおにぎり »

無料ブログはココログ