« エスプレッソ珈琲@カンピーナス | トップページ | サンパウロの朝の様子 »

2008/07/04

ブラジルの高速道路とピンガ

今朝は寝坊しちゃいました。
日本のケータイ電話を目覚ましにしておいたのですが時差を直していなかった。
6:30のつもりが18:30。。。鳴るわけも無く。。。

平日は朝から仕事先へ移動。夜はそのまま晩飯&呑みなのでデジカメのチャンスは皆無です。
朝の移動時、高速道路の料金所の写真を写しました。

Kosoku1

海外にしては珍しく料金所があります。
アメリカでもドイツでもほとんど見かけません。タダ。

Kosoku2

料金はご覧の通り。普通車は4.2ヘアル(250円くらい)
まぁ激安ですな。
日本が高すぎるんだと思います。どうせ天下り役人の収入になるだけなのにね。

ブラジルではアルコール燃料が有名ですが実は燃費が悪いそうです。
ガソリンの7割しか走らず、6割の価格。
1割安いけど満タンの手間がかかるのだそうです。

今夜は日本の刀のようなナイフに色々な肉を串刺しで焼いたものをナイフでそぎ落としてもらって食べるってお店に連れて行って頂きました。
サトウキビで出来たお酒が美味しかった。アルコール度数45度だそうで。
ヒック。beer 

【15,000円以上ご購入で送料無料!】さとうきびの蒸留酒で、ピンガと呼ばれるブラジルの国民酒...

« エスプレッソ珈琲@カンピーナス | トップページ | サンパウロの朝の様子 »

コメント

高速道路、海外では無料なところがあるのですね。
日本は本当に高すぎですよね。
アルコール燃料ってバイオ燃料のことですよね。
燃費が悪いのですか、日本でも将来増えてくるのではないかと思っていましたが。
アルコール度数45度!私ならひっくり返ってしまいますね(笑)

あくびむすめさんへ
私の認識は日本以外はほとんどタダって印象ですね。
ETCも天下り役人収入源だと思います。
世界中で道路維持費は他の税金でまかなえているのに日本だけ必要なはずは無いし、そのくせ渋滞対策。国交省はなにやってんだか。。。
日本はバイオじゃなくてハイブリットに進むと思いますよ。
わたしゃそれも高くて買えないからバイクかな。笑

地球の反対側ですね。なんか不思議な感じです。
どうしても、時差ぼけしちゃいますよね。

>1割安いけど満タンの手間がかかるのだそうです。

ひとつ質問です。手間がかかるとはどういう意味なんでしょうか?

日本はやっぱり、ハイブリットが主流ですか。でも、ここまでガソリンが高いとバイオの方の開発も進みそうですね。

車業界では、ベータとVHSのような開発競争にはならないのでしょうか?

久住コウさんへ
>>1割安いけど満タンの手間がかかるのだそうです。
>ひとつ質問です。手間がかかるとはどういう意味なんでしょうか?

これは給油回数が増えてしまうって意味なんです。
安くってもすぐ無くなるので満タン航続距離が伸びないんですよ。
燃焼効率を考えるとガソリンなのでしょうね。
充電できるインフラが進めば電気自動車もあるのですが。。。
日本は家庭の電源が100Vってのも足を引っ張りますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5840/41732135

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルの高速道路とピンガ:

« エスプレッソ珈琲@カンピーナス | トップページ | サンパウロの朝の様子 »

無料ブログはココログ