« パンジー、ビオラの発芽 | トップページ | 昨夜はお月見十三夜 »

2008/10/11

結露による出窓の内装の補修

掃除中のママから

あら〜、だいぶ痛んできたわねぇ。coldsweats01

どれどれ、あっちゃぁ!

もう築10年以上経つ我が家のリビングの出窓。写真撮るの忘れた。
冬の結露の湿気で壁の内装がカビまくりです。
石膏ボードがボロボロで中の木の柱や壁が心配。
ってことで石膏ボードを剥がして見ました。

Demado081011

こちらは出窓の柱の部分。幸い木は腐食までには至っておりませんでした。
お恥ずかしいですが鉢などを置く面も塗装が剥がれています。

Demado2081011

こちらは全部の石膏ボードを剥がすと大変な作業になるので痛んでいる部分だけ剥がしました。

剥がした部分に新たな石膏ボードを釘打ちし、壁紙か塗装で仕上げねばなりません。
結露のことを考えると水に強い壁紙か塗装だなぁ。。。

湿気を吸ったりはいたりする壁紙結露やかびが発生しにくくなる効果あり♪シンコール BB-1483〜8...

ひとまずこの状態で湿気を乾燥させて考えよう。。。

« パンジー、ビオラの発芽 | トップページ | 昨夜はお月見十三夜 »

コメント

アンビンバンコさんの家は築10年ですか、我が家なんて30年ですよ~。
あちこち痛んで、ボロ屋って言う感じになってきました(笑)
壁紙を張るのは難しそうですね。
我が家では昨年ペンキを塗りなおしましたが、けっこうむらになっています。

あくびむすめさん、こんばんは。
10年ってか10年以上ですね。覚えていないです(^^;
そうなんです。
壁紙、面倒そうです。
ペンキの方が自分にはあっていそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5840/42751609

この記事へのトラックバック一覧です: 結露による出窓の内装の補修:

« パンジー、ビオラの発芽 | トップページ | 昨夜はお月見十三夜 »

無料ブログはココログ