« 春の訪れヒヤシンスとテタテート | トップページ | 愛犬ミュウ徐々に回復 »

2009/03/30

愛犬ミュウ毒物に痙攣で緊急入院

似たような例があった場合は緊急を要しますので参考までに記事にします。

お姉ちゃん(中1)がと愛犬ミュウ(14歳)が散歩に出かけ、ミュウは途中で急に歩きたがらなくなり抱っこで帰還。
うずくまりがちで歩こうとしない。
立ち上がっても後ろ足がガニマタでいつもと違う。

当初は爪を伸ばしすぎで歩きづらくなったのか?なんて思いましたが大事を見て病院へ

医者はすぐに症状に気付き「痙攣」を起こして危ないそうな。
たしかに瞳孔が1秒おきに右へ左へ繰り返し、呼吸も小刻みでした。

医者の話によると

何らかの毒物を舐めたか吸ったかした可能性が強い。
脳内炎症から痙攣を引き起こしている。
この症状の後、放置するとこの後は酷い発作を起こして嘔吐を繰り返してしまう。
早期に判ったのでこれから
 点滴で毒性を薄めてみる
 鎮静剤で痙攣を落ち着かせる
で病院で預かり様子を見た方が良い。
後遺症の可能性もある。

とのことでした。
引き取る予定の夜11時頃、先生から電話があり
「だいぶ落ち着いてきて尻尾を振るまでになりましたよ。でも夜中の急変もありうるので一晩預かります」
と聞いて一安心。
翌朝無事退院したミュウは家でもボーっとしておりこれが後遺症なのかも知れません。

高齢で抵抗力も無い老犬なので当面は安静に。

思い起こせば
今回の散歩道は約10年前にもその後、口から泡を吹き病院に駆け込んだ経緯がある。
変な毒物を撒く人が居るのかも???
飛散した農薬程度じゃあんなになるとは思えない。

« 春の訪れヒヤシンスとテタテート | トップページ | 愛犬ミュウ徐々に回復 »

コメント

ヾ(.;.;゚Д゚)ノミュウ君大丈夫だったのですね!
良かった・・・(A;´・ω・)アセアセ

食べた訳ではなく、吸ったか!舐めたか!
リュークもたまに嗅いでいると思っていたら

舐めていたりして思いっきりショックを与えたりします。
絶対にさせたく無いことなので。

でも、なかなか・・・

ミュウ君が元気になりますように!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

マロンさんへ
しつけで防止できるのですね。
うちはしつけができていなくって(^^;
ミュウはまだ薬を飲んでいるのですぐ寝てしまいます。
精神安定剤なのかなぁ。
まだ刺激を与えないほうが良いそうでしばらくそっとしておきます。
早く良くなってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5840/44513913

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬ミュウ毒物に痙攣で緊急入院:

« 春の訪れヒヤシンスとテタテート | トップページ | 愛犬ミュウ徐々に回復 »

無料ブログはココログ