« 沖縄のビーチといえば万座毛&万座ビーチ | トップページ | 沖縄土産、海ぶどう丼を食べる »

2010/03/31

沖縄美ら海水族館は大迫力

28日(3日目)は沖縄美ら海水族館に行ってきた。ちゅらうみと読む。

Photo_7

かなり大きな水族館で見ごたえタップリ。お奨めのスポットだと思う。
沖縄は無数の観光スポットがあるのでよく選ばないと時間切れとなるがここは入れておくべき。

入場するとまずはなまこやヒトデに直に触れることの出来るエリア。
そのあとこれでもかと言うほど水族館が続く。
実際自分が海の中に居るような錯覚を感じるほどスケールが大きい。

Photo_8

大人の私でもわぁ~!と思わず声が出てしまう。子供が喜ぶのは当然である。

Photo_9

小さな可愛い熱帯魚だけではなくサメやエイなど大型の魚も共存している。
下の写真は無数の小さな魚たち。ほとんど止まっており珍しい光景だった。

Photo_10

深海の魚や毒のある生き物などテーマに分けて小分けされた水槽も多数あった。

Photo_11

珊瑚やクマノミなど可愛い魚もたくさん。
途中、サメに関する資料館があり、サメのあごを再現した展示スポットで記念撮影。

Photo_12

一口でパクリですな。coldsweats01
最後の辺りに巨大な水槽が出現。こりゃもう映画館のスクリーンのようだ。

Photo_13

この沖縄美ら海水族館には他にもイルカのオキちゃん劇場を楽しんだり美しいエメラルドビーチを散歩したり楽しいスポットが盛りだくさんである。
まる1日ここで過ごしても良いのではないかと思う。

送料無料!!【DVD】NHKDVD 水族館~An Aquarium~沖縄美ら海水族館/

« 沖縄のビーチといえば万座毛&万座ビーチ | トップページ | 沖縄土産、海ぶどう丼を食べる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄のビーチといえば万座毛&万座ビーチ | トップページ | 沖縄土産、海ぶどう丼を食べる »

無料ブログはココログ