« 湖北、襄樊のホテル周りを散策 | トップページ | やっと帰国。広州から成田へ »

2010/03/21

湖北、襄樊から広州鳳凰城へ

3月19日、湖北、襄樊での仕事を無事終えて広州へ戻る。
襄樊-広州間の飛行機便は1便/日で20時50分初/22時50分着。
来る時は大丈夫だったが帰る時はX線でライターがチェックされ没収された。
2個映し出されたようだが1個はスーツケース奥だよと言ったら許してくれた。
高級ライターも許してもらえるらしい。なんか曖昧だ。
ただ、上空の気圧の影響かガスが漏れ自然発火する例もあるそうだから百円ライターは持ち込まない方が良さそうである。

機内では隣の女性が何やら話しかけてくる(中国語)。
みるとシートベルトが繋げないらしい。飛行機初めてなのか。
その後、軽食サービスの時にはテーブルも出せない始末。やっぱ飛行機初めてなんだ。
喋れないのでどちらも手伝ってあげた。

広州空港に珍しく定刻到着(普段は遅れるらしい)。
しかし、落とし穴が待ち受けていた。
スーツケースが出てこないのである。ロストバッゲージか?
不幸中の幸い、同じメンバーの通訳の女性のバッグも出てこない。
最悪はこの娘の通訳で交渉できる。
と待っていると3ロット目のバッグ集団でやっとベルトコンベアーに二人のスーツケースが載って流れてきた。安堵
結局40分のロス。車に乗ったときには24時を超えていた。

広州のホテル鳳凰城に付いて以降は私は一人ぼっちである。
最終日(土曜日)は現地スタッフのフォローは無いので単独自力での帰国となる。

紹介しそびれたホテルの写真をご紹介。

Photo

これはホテル鳳凰城酒店の1Fロビーの様子。天井に描かれた絵が見事である。

Photo_2

これはホテルの売店。
現地ケータイSIMカードもここで売っている。
青島ビールは8元とルームサービスの30元よか圧倒的に安いがスーパーに足を運べば3.5元で同じビールが買えてしまう。

Photo_3

これはホテル近くの鳳凰城という集落のランナバウト中心に置かれたシンボル?
これを見ると「あぁ今日もホテルに帰った」という実感がわいてくる。

深夜のチェックイン、リムジンバスの手配をフロントで済ませ、ゆっくり寝ることに。

最終日の成田行きのフライトは15:15発。

(この記事を書いている時点で日本に帰国しています)

« 湖北、襄樊のホテル周りを散策 | トップページ | やっと帰国。広州から成田へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖北、襄樊のホテル周りを散策 | トップページ | やっと帰国。広州から成田へ »

無料ブログはココログ