« 首里城、ひめゆりの塔へ | トップページ | おきなわワールド文化王国・玉泉洞 »

2010/03/28

国際通りで鉄板焼き、胡椒の缶が舞う

ホテルは那覇空港の近くのホテルサンパレス球陽館。
ベッド2つに狭いながらも畳のスペースもあり4人なんとか寝れる。

Photo

夜は国際通りの様子を家族に見せたいし鉄板焼きパフォーマンスを娘らに見せてやりたい。
まずは国際通りに歩いていく。
20年以上前の記憶なのでかなーり曖昧。
それでもお祭りの様に賑わう商店街の様子を娘らは喜んでいた。

Photo_2

さてどこの鉄板焼きステーキ屋がリーズナブルだろう?
数店あるので価格やボリュームを比較しながら歩き回る。
疲れたのかママも娘らも鉄板焼きにはこだわらないと言い出した。
いやいやこだわってるのはわしなのだ。
思い出にあのパフォーマンスは見せてやりたい。
選んだのは、「うちなーステーキ村
店に入る前に店員に
目の前で焼いてくれるんだよな? と念を押しておいた。

Photo_3

テーブルの鉄板にコックが一人ついて目の前で包丁裁きを見せてくれる。
よく研いである包丁で手品の様に切っていく。

_ 胡椒の缶がコックの背中に!

見せ場は胡椒缶をお手玉のように放り投げるパフォーマンス。
これを娘らに見せてやりたかったのよ。
娘らはキョトンとしながらパフォーマンスを見守っていた。

__2

調理を終えたら若いコックさんが記念写真も撮ってくれた。
値段だけでステーキを選んでしまってはこうはいかないのら。

Photo_4

国際通りの帰り道、真珠やサンゴのアクセサリー売り場で立ち止まるママと娘ら。
沖縄の国際通り、良い思い出になったかな?

« 首里城、ひめゆりの塔へ | トップページ | おきなわワールド文化王国・玉泉洞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 首里城、ひめゆりの塔へ | トップページ | おきなわワールド文化王国・玉泉洞 »

無料ブログはココログ