« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/04

家族でバトミントン

お姉ちゃん(中一)が

ねぇ、パパ、バトミントン買ってぇ。

とねだり、コメリで598円のセットを購入。・・・が

パシッ!・・・あれ?
ウヒャヒャ!

なんとアミの目にシャトルが突き刺さってしまう。
何度か同じ目に合いそうこうしている間に  ブチッ!

糸が切れてしまった。
さすがの私も腹が立ちコメリに返金を要求した。
中国製とかで格安なんだろうが買ったその日に数度使った程度で壊れたのでは詐欺じゃないか。

結局ママにイオンで買ってきてもらうことに。。。780円高っ

 こんなやつです。

さすがにお高い分、コメリのもののようにすぐには壊れませぬ。

これはお姉ちゃん。

Photo

こっちは妹(小5)

Photo_2

娘同士だとヘタッピでラリーが続きませんが、家族で仲良くバトミントン。
適度な運動で私はグッスリ眠れました。笑

2010/04/03

パイナップルパーク、そして帰路へ

3月29日は下の娘の希望でナゴパイナップルパークへも行きました。
前日立ち寄ったけど日曜日のためか満員で入れなかったのです。

Photo_43 

さすがに月曜日の朝一だったので空いておりました。
娘はこれに乗りたかったわけですわ。

Photo_42

ご満悦の様子です。
パイナップルパーク。パイナップルの畑をこの車で周り、あとはお土産屋さんめぐりという大人にはなんてことない観光スポットです。
この後最終日3月30日は那覇空港に戻るので朝から南部 へ移動。
国際通りでお土産を買い込むのだと。。。

Photo_44

国際通りを一通り歩き、

路地にも市場があるんだよ。

と説明するとママは気に入ったらしくどんどん奥へ。。。
ここで海ぶどうなどお土産を買い込んでおりました。

竹笛が欲しい! とねだる下の娘。

Photo_45

買ってもらってご満悦な様子。
最後の昼食は国際通りの「天」という料理屋(地下)の呼び込みに引かれ沖縄郷土料理を頂きました。
ゴーヤチャンプル定食500円、 ナフティ丼、海ぶどう丼を皆でつつき合い。
大変美味しゅう頂きました。

レンタカーを借りる際に散々待たされたので早めに返却したところすんなりバスに乗せられ飛行場で時間をもてあますことに。(^^;
その後羽田空港でステップワゴンのバッテリーが上がっていたり、首都高が渋滞だったりしましたが、日頃旅行らしい旅行に連れて行っていなかったので家族は大満足の様子。
家族サービスにはなったかな(^^)

最後に紹介しそびれた南国らしい写真でも。

Photo_46 やしの実の成ったやしの木

0329 ハイビスカスは青空をバックに

あぁ~♪楽しかった!

2010/04/02

ブセナ海中公園 海中展望塔に感動

3月29日、今回の沖縄旅行では潜りを諦めたがなにか娘らに思い出を残してやりたい。
美ら海水族館も良かったのだが・・・

と考えたのが
そうだ!船なら下の娘も乗れるし!と調べて見つけたのがブセナ海中公園。
ここは海中を覗ける展望塔があるしクジラ型のグラス底ボートに乗れば箱メガネで海中を見る感じが楽しめるはずだ。

1

ってことで到着。後ろに見えるのはグラス底ボートの停まる桟橋。

クジラ型のグラス底ボート

Photo_31

平べったくて外観が鯨型の船に乗り込むと船底が透明のガラスになっている。
これで海底の様子を楽しむってやつだ。
家族の様子を見ると面白いか否かは一目瞭然ですな。happy01

Photo_32

さて船底を見てみると・・・

Photo_34

こんな風に魚がたくさん!
どうやら船から餌を落としているようで、船が止まると魚が集まってきます。笑

お次は船から見える海中展望塔へ・・・

海中展望塔

Photo_35

灯台のような形をした塔の中は螺旋階段。
これをくるくる降りていくと海底の深さまで降りていけるわけです。

Photo_36

この窓を覗いてデジカメで写真を撮るぞ!・・・

Photo_37

うっひゃー!いるいる!熱帯魚がたくさん。
写真には撮れなかったけど青い小さな魚も泳いでおりました。

Photo_39

その後海中展望塔の上に登ると魚の餌が100円。
下の娘がママにねだり1個ゲット。餌を投げ込むとたくさんの魚が群がってきましたよ。
娘らも大満足で船は正解だったようです。 ship

沖縄蝶々園のオオゴマダラ

3月28日、沖縄美ら海水族館の後、近くの蝶々園に立ち寄りました。
下の娘(小5)は蝶々は苦手とここはパス。

Photo_24

網で囲まれたハウスの中で様々な蝶々を飼っているようです。
中の様子はこんな感じ。

Photo_25

普通は蝶々のマクロ撮影なんてなかなか難しいのですがここの蝶々は逃げません。
私でも簡単に撮影できました。

Photo_26

Photo_27

上の2点は天然の花にとまっている蝶々。

Photo_28

こちらは造花。どうやら蝶々の好きな匂い?が染み込ませてあるようです。
蝶々の動かない帽子も置いてあったので記念撮影用でしょう。笑

Photo_29

こちらはさなぎの様子。
今回撮影した大きなアゲハチョウ。オオゴマダラと言う名前のようです。
出口の説明画像でわかりました。

その後琉球ガラスの体験の出来るところで手作りフォトスタンドにチャレンジ。

Photo_30

一応、DIYでカントリー生活ってブログの面目を果たしてくれたかな?coldsweats01
二人とも真剣な表情で取り組んでおりました。
今回の写真の中でお気に入りのものを印刷して入れるのだそうです。
マクロ撮影だとリコーのデジカメは綺麗に撮れますね。

2010/04/01

きしもと食堂で沖縄そば

沖縄旅行出発前にブログコメントできしもと食堂がお奨めと情報を頂いていた。
食べログで事前にきしもと食堂の所在地を調べておいたのでレンタカーのカーナビで探す。
小さい店なのと狭い路地にあるため探すのにちょっと手間取ったがなんとか発見。

Photo_21

正直、これは食後に撮った写真。運良く我々はここまで長蛇の列が出来る前に店内に入ることが出来た。ラッキー♪

もっとも我々も空き席は無くて奥の部屋に押し込められたが仏壇があったり店なんだか家なんだか(^^;
それでも「山田優ちゃんに薦められて来ました」とか有名人のサインの色紙が壁にズラリ。

Photo_22

これがメニュー。
 岸本そば大:650円、小:500円、じゅーしー:250円 のみ
1時過ぎだったので、すでにじゅーしーは売り切れ
下の娘(小5)が食欲が無く岸本そば大を3つ注文したら小さな器をつけてくれた。

Photo_23

これが岸本そば(大)である。
沖縄そばによく見かける紅しょうがが見当たらない。
食べてみるとカツオ系の魚だしが効いていておつゆが大変美味しい
一滴のこらず完食してしまった。
肉も前の日に食べた甘さの強い味付けではなく自然な味付け。
こりゃクチコミで有名になるのも納得。
家族も前の日に食べた道の駅の沖縄そばとは別物と喜んでいた。

ちなみに
 沖縄そば:肉がチャーシュー厚切り風
 ソーキそば:肉が骨付き煮込み風
である。スープの味付けは同じだと思う。

ご家庭で簡単に沖縄そばを作っちゃおう♪♪沖縄一番ソーキそば2食入り(約440g)

美ら海水族館のエメラルドビーチ

美ら海水族館内の水族館を堪能して敷地内のエメラルドビーチへ足を運んだ。
まさにエメラルド。珊瑚で出来た真っ白な砂浜と青い海。

Photo_14

いきなり貝殻を拾い始める3人。珊瑚の折れて乾いたものも拾うことが出来る。
漂白剤に漬けて洗って乾かせば真っ白になり飾りにもなる。

ナマコが居たよぉ! とお姉ちゃん(右の中一)が掴んでいるのがナマコ。
おっ!凄いね。体験エリアじゃなくて生だもの♪

Photo_15

他にも生きているウニや貝を磯辺で見つけて喜ぶ二人。

Photo_16

エメラルドビーチを満喫して出口へ向かう3人。
この日3月28日は大変天気が良くて抜けるような青空だった。

Photo_17

水族館に戻ると近くで歓声が聞こえてくる。
イルカのショー、オキちゃん劇場である。

Photo_18

そろそろ昼食にしたかったので入場せずに外から様子見。
それでもこんな写真を撮ることが出来た。

Photo_19  イルカのジャンプ

Photo_20  イルカの自己紹介

ステージにイルカが自ら上っている。笑

前の記事に書いた水族館やこんなビーチ、イルカショーを全て美ら海水族館で楽しむことが出来る。
沖縄中部でお奨めの観光スポットだと思う。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

無料ブログはココログ