« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/05/29

カントリー調オープンラックをDIYで

先日作ったキャビネットの上に乗せるオープンラック(シェルフ?)を作ります。
今回は昔すのこで作った本棚を撤去した場所に配置するのでたくさんのすのこが余ります。
このすのこの素材をリサイクルしようという作戦。

表面が焼けてしまったすのこの板を再生するために奮発して電動ヤスリを買い込みました。
以前持ってた奴は壊れちゃったので新調です。

1

側面の板だけパイン集成材を購入。
横板は上段、中段はなぜか持っていた板を利用。底板はすのこを加工して利用します。

2

このすのこ再利用が疲れました(^-^;
くぎ抜きで抜くと表面が傷むので裏から足をトンカチでカンカン。
足が倒れて釘が抜けてしまうまでカンカン・・・
足が抜けたら曲がった釘をまっすぐに立ててトンカチで叩いて最後に表から引っこ抜く。
これを4枚のすのこで繰り返し12枚の板を調達したわけです。

上の写真の底板は厚く見えますが端部だけすのこを2枚合わせにしてあります。笑

トップの化粧板はパイン集成材を購入。
型紙はいつものように新聞紙。植木鉢や皿を定規代わりに書いていきます。

3

曲線部はジグソーで切り抜き、真ん中のハートは穴を開けてジグソーの刃を細めの物に組み替えて切り抜いていきます。

4

この化粧板を組み込み、裏にすのこから外した板を10枚張れば完成。

5

このオープンラック、材料費約2000円+すのこ再利用+手持ちの板で完成しました。
この手の商品、買うと高いんですよね~。

2011/05/18

母の日に手作りキャビネットをプレゼント

母の日にママに
なにか欲しいものある?
と聞いたら
キャビネットが欲しいの
だと。

以前脱衣所用に製作したキャビネットと同じデザインで90cm幅のものを和室に置きたいんだと。
正直、手間だなぁ・・・と思いカントリー調家具屋に見に行ったが8万円とか10万円とかする。
こりゃ作った方が安いわい!と製作を決意。

材料は基本は全てパイン集成材。

1

表の扉:450×1820×18mm×1枚
側面、天板、底板:350×1820×18×2枚
中段仕切り:300×910×14×1枚(安売り品)
背面:910×910×1枚(ベニヤ白色)

車で運びやすいように1820mmの板はホームセンターで半分にカットしてもらった。

完成した天板の表面高さが900mmになるよう板取り。
構造は以前製作したキャビネットの幅&奥行き違いなのでちゃっちゃと脱衣所で寸法を測り素材をカット。
裏板のベニヤは天板、側板、底板に約5mmの溝を掘って差し込む予定。
丸のこの刃の深さを8mm程度になるように調整し素材の端基準で彫っていく。

2

まさに匠の仕事であるww

3

側板、中敷、底板をコーススレッドで仮止めしてみる。
補強の筋交いは無く直角が怪しいが背面のベニヤ板を差し込むと四角形になり強度も増す目論見である。

4

扉を切り出し、ママの好きなハート穴の細工を施す。

扉を切り出した時点で肝心なことに気付く

・・・ 扉のヒンジ用の蝶番金具買うの忘れた。。。

ここでその日は作業終了。
翌日ホームセンター開店と共にウエスタン風な蝶番金具を買い込む。

5

扉を取り付けておおよそ完成。
ママがパートを終えて帰ってくる前に塗装まで終わらせたい。
昼飯も忘れてワトコオイルを塗りたくる。

6

なんとか夕方キャビネットは完成。
扉をあけるとこんな感じ。

7

わぁ~出来たんだぁ。。。
一応ママは満足してくれたようです。

しかし、このキャビネットの上に置くチェストも欲しいのだそうで・・・つづく。

これ、今回の材料費にかなり近いな(^^;

2011/05/05

ウッドデッキの修理

久々のDIYネタである。
ウッドデッキの床の一部が腐っており、いつか直そうかと思っていた。

ねぇ、ウッドデッキ直さないの?

のママの一声に背中を押され、とうとう修理することに。。。

Wooddeck1

腐っている床だけ張りなおせば良いや・・・と思っていた。

 が ・ ・ ・

垂木や柱、枠の2×4材までシロアリ?にやられていた(T^T)
簡単に直せると思っていたけど大間違い。かなりの大掛かりな作業になりそうだ。
矢印の部分なんて体重で折れちゃう始末。

Wooddeck2

こりゃいかん!怪しい部分は交換しなくちゃ。。。

Wooddeck4

ってことで、虫食いで柔らかくなってしまった垂木などをカット。
床材は使える部材は再利用することでコストを浮かせなくては。。。

Wooddeck3

こんなもんで足りるかな?

Wooddeck6

垂木はほとんどが交換。手すりの柱も一本交換しました。
念のため垂木や柱類はクレソオート油を塗布して防腐処理。
これが臭いのなんの・・・
本当は1週間くらいかけて乾燥させてから次の作業に入るんだと思います。
それほど臭いし体にも悪そう。

再利用する床は虫食いのある部分はカットして大丈夫そうな部分だけ裏返して使います。

Wooddeck7

7割ほど床を張り終えた時点で暗くなり目元が怪しくなってきました。
今日はここまで。
明日、残りを仕上げようと思います。
床材を裏返して再利用しているのでいまいち美しくない。(^^;
現在の修理費、約8500円也~

5月7日追記

180円ほどの1×4材6フィートを4枚買い増して床を全て張り終えました。

Wooddeck8

修理費総額は約9500円。ぎりぎり1万円以下でした。(^^;

防腐塗料が一番高かった(>_<)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

無料ブログはココログ